読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アプリ開発備忘録

PlayStationMobile、Android、UWPの開発備忘録

WindowsでMercurialを使う

アプリ開発備忘録でしたがメインブログに書くわけにも行かず備忘録として残しておきたいのでここに投稿することにしました。

やること

Bash on Windowsのインストール
Mercurialのインストール、設定
エイリアスの設定

CygwinLinuxなど既にBashを使える環境の人はソフトウェアのインストールまで飛ばしてください。

WindowsBashを使う

β版のBUW(Bash on Ubuntu on Windows)を使います。

スタートボタン右クリック > プログラムと機能 >Windowsの機能の有効化または無効化
Windows Subsystem for Linuxのチェックを入れます。

開発者モードをオンにします。

コマンドプロンプトを開きbashと打てばbashが開きます。
初回起動時は設定があるので設定します。

sudo apt update
sudo apt upgrade

で定期的に更新してあげましょう。

詳細は以下より
Bash on Ubuntu on Windowsをインストールしてみよう!

ソフトウェアのインストール

emacsでも入れておきましょう。

sudo apt-get install emacs


mercurialを入れます。
apt-get楽です。

sudo apt-get install mercurial

Mercurialの設定

ホームへ移動

cd ~


marcurialの設定ファイルを作成して以下を入力して保存
[ui]
username = 名前 <メールアドレス>

emacs .hgrc


ちゃんとできているか確認

ll

エイリアスの設定

以下のファイルに必要事項を入力

emacs .bash_aliases


確認します

echo $設定した文字


自分の場合出ませんでしたので以下を行いました。
ドットをsourceに置換

if [ -f ~/.bash_aliases ]; then
    . ~/.bash_aliases
fi


if [ -f ~/.bash_aliases ]; then
    source ~/.bash_aliases
fi

その後このコマンドを実行。
もしかしたらこの操作だけで大丈夫かも

source .bashrc

もう一度確認コマンドを入力。これで表示されるはず。

おわり